« ヤクザの実戦心理術(向谷匡史) | トップページ | 鉄の骨(池井戸潤) »

人材の複雑方程式(守島基博)

これはいい本であった。さまざまな人事の問題や人材マネージメントの課題を改めて考えさせてくれる内容に感心しました。

リーダーシップ一辺倒の教育ではなくフォロワーの育成の必要性や、ワークライフバランスの捉え方、さらには評価システムの問題点など、、、そのような課題や問題点は、それぞれ時代とともに経営環境も変わり、それを抜きにして人事システムだけを捉えていたのでは本質的な問題点が見えないのかもしれない。

日本企業が本来の価値感や倫理観を活かして、どう変革するのか。それは、弱みの克服ではなく、強みを活かしてどう変わるかと言う発想が必要で、そのためにどのような発想が必要なのか、考える材料をたくさん見つけることができるでしょう。

★★★★★☆

|

« ヤクザの実戦心理術(向谷匡史) | トップページ | 鉄の骨(池井戸潤) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/53334231

この記事へのトラックバック一覧です: 人材の複雑方程式(守島基博) :

« ヤクザの実戦心理術(向谷匡史) | トップページ | 鉄の骨(池井戸潤) »