« アレクサンドリア | トップページ | ジェノサイド(高野 和明) »

コンテイジョン(テアトル5)

66謎のウイルス感染が発生!その新型ウイルスは、驚異的な速度で全世界に広がっていく。
米国疾病対策センター(CDC)は危険を承知で感染地区にドクターを送り込み、世界保健機関(WHO)はウイルスの起源を突き止めようとする。だが、ある過激なジャーナリストが、政府は事態の真相とワクチンを隠しているとブログで主張し、人々の恐怖を煽る。その恐怖はウイルスより急速に感染し、人々はパニックに陥り、社会は崩壊していく。

と言う話だけど、少し前に日本の映画で「感染列島」と言う映画があったので、何か新しい内容を期待したのですが、なんだか新鮮味がなかった感じです。筋書きの割にはドラマ性の盛り上がりがなく、なんとなく薄っぺら感じの仕上がりになっていました。ただ(「感染列島」を見た時もそうだったけど)、咳に敏感になります(笑)。取っ手などを握るのも意識しちゃおう(笑)。などなど、日本人はきれい好きですからねえ。


しかし、ウイルスは目に見えずどこに菌がいるのかわからないことから、どうしてもパニックを起こしやすいですね。しかも怖いのウイルスだけでなく、パニック社会の人間だったりします。そのあたりが意図は見えるのだけど、豪華キャストの割にはうまく強く伝わらないのが残念な作品。
マカオか香港で豚料理を出す店のシェフと握手したら手を洗おう。そういえば、「感染列島」はフィリピンが発生源だったかな。どうしても東南アジアになるんですね(^^;

★★★

|

« アレクサンドリア | トップページ | ジェノサイド(高野 和明) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/53236214

この記事へのトラックバック一覧です: コンテイジョン(テアトル5):

« アレクサンドリア | トップページ | ジェノサイド(高野 和明) »