« ロボジー(テアトル1) | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日’64 »

とっても不幸な幸運(畠中恵)


タイトルも面白そうですが、設定も「とても不幸な幸運」と言う名の100円ショップで売られていた缶が、クセモノ常連が集う「酒場」と言う名前の酒場に持ち込まれたと言うなかなか着想が面白いものになっています。

と言うことで、設定が面白い連作小説なんですけど、内容はもうひとつ。缶を開けることによる起きる不思議な出来事を解く日常ミステリーですが、少し推理が押しつけがましいと感じてしまった。でも、この「酒場」と言う名の酒場に入ってみたいような魅力を感じたなあ。

★★★

|

« ロボジー(テアトル1) | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日’64 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/53827753

この記事へのトラックバック一覧です: とっても不幸な幸運(畠中恵) :

« ロボジー(テアトル1) | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日’64 »