« メディア化する企業はなぜ強いのか?(小林弘人) | トップページ | ワイン生活―楽しく飲むための200のヒント(田崎真也) »

サバイバル時代の海外旅行術(高城剛)


サバイバルと聞くと、なんだかすごい海外旅行かと思うけど、サバイバル旅行ではなく、サバイバル時代の旅行と言う意味ですね。自分で切り開いて旅行しようという意図が正しいかな。

日本のガイドブックが貧困と言うのは、言われてみればそうかもしれないと納得します。いろいろある中で、行きたいところが決まったら(本来行きたいところが決まる前に)、何をしたいのか、自分なりにベスト10をあげるといいという発想には賛同します。むしろしたいことをするためにそこに行くというのが旅なんでしょうけど、日本人の場合は(欧米人の気持ちを知っているわけではありませんが)、目的地が先にありきで、そのあとに何をするかと思うのでしょう、、、もっとひどくなると行先だけが重要で、あとはツアー任せとか・・・

憧れの地や見たことのないところに行きたいから旅をするというのも重要だと思うので、行き先が最初でもいいけど、少なくともそこでやりたいことを10個くらいはあげて目的を持ったスケジュールにするという発想を持つのはいいかも。

でも、旅って、個人の自由。だから、日本のガイドブックに従って旅するのもその人の価値観だと思うけどなあ。

★★★☆

|

« メディア化する企業はなぜ強いのか?(小林弘人) | トップページ | ワイン生活―楽しく飲むための200のヒント(田崎真也) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/53780556

この記事へのトラックバック一覧です: サバイバル時代の海外旅行術(高城剛):

« メディア化する企業はなぜ強いのか?(小林弘人) | トップページ | ワイン生活―楽しく飲むための200のヒント(田崎真也) »