« そして誰もいなくなる(今邑彩) | トップページ | ナミヤ雑貨店の奇蹟(東野圭吾) »

舟を編む(三浦しをん)


素敵な本だ。辞書作りに熱意をかける人たち、、、って言うと遠い世界の人物にも思う。でも、よく考えたら味噌作りだってなんだって、それぞれの仕事に対する気持ちは同じだろう。しかも、ここに出てくる人物は仕事に対する考え方と言うか捉え方がすばらしい。注目はファンション雑誌と言う流行の最前線の仕事をしていた岸辺と言う若い女性が辞書の編集と言う地味な部署に異動となってやっている点。それでもその仕事に意味を見出すというあたりは、そんじょそこらのビジネス本よりも素晴らしい(^^)。予想通りの展開と言う評価もあるようだけど、予想通りで何が悪いと言いたくなるような本だった。

|

« そして誰もいなくなる(今邑彩) | トップページ | ナミヤ雑貨店の奇蹟(東野圭吾) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/54535567

この記事へのトラックバック一覧です: 舟を編む(三浦しをん):

« そして誰もいなくなる(今邑彩) | トップページ | ナミヤ雑貨店の奇蹟(東野圭吾) »