« 0点主義 新しい知的生産の技術57(荒俣宏) | トップページ | 清須会議(三谷幸喜) »

マドンナ (奥田英朗)


昔から読みたかった本でした。帯に「課長さんの笑える純愛短編集」とありますが、そんなイメージよりも中間管理職の会社での立ち位置や家庭での立ち位置と言うなまなましい話をユーモアある雰囲気でさらりと読ませてくれます。特に面白かったのは「ボス」と「ダンス」。「ボス」は女性の上司のやり方に反発する主人公、「ダンス」は子供の進路に不満を抱きながらも妻に押し付けている主人公を描いていますが、本当にうまく書くものですね。

|

« 0点主義 新しい知的生産の技術57(荒俣宏) | トップページ | 清須会議(三谷幸喜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/55191002

この記事へのトラックバック一覧です: マドンナ (奥田英朗):

« 0点主義 新しい知的生産の技術57(荒俣宏) | トップページ | 清須会議(三谷幸喜) »