« マドンナ (奥田英朗) | トップページ | 日本人が世界に誇れる33のこと(ルース・ジャーマン・白石) »

清須会議(三谷幸喜)


織田家の後継ぎ問題と領地再配分問題を話し合った清須会議を舞台に、登場人物のモノローグを現代語訳で書かれています。注目は現代語訳と言う点ですね。しかし、織田信雄とお市の方のモノローグが一番面白かったのですが、あとは人物像が従来のままに(イメージしやすいからいいけど)、終盤までやや平凡な出来と言う印象です。映画化されるのでその前に読んでおくというような位置づけの本と言う印象でした。柴田勝家がお市の方にらっきょを土産に持っていった話があるけど、このあたりの映像化は楽しみです。

|

« マドンナ (奥田英朗) | トップページ | 日本人が世界に誇れる33のこと(ルース・ジャーマン・白石) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/55304240

この記事へのトラックバック一覧です: 清須会議(三谷幸喜):

« マドンナ (奥田英朗) | トップページ | 日本人が世界に誇れる33のこと(ルース・ジャーマン・白石) »