« バイエルの謎:日本文化になったピアノ教則本(安田寛) | トップページ | アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子(深町秋生) »

坂の上の坂(藤原和博)

最近、20代にやっておきたい事などなど、年代別のノウハウ本がありますが、なかなか50を過ぎると手遅れなのか、そんな本はありませんでしたが、この本の副題には「55歳までにやっておきたい55のこと」ってあり、すでに55歳になったばかりの私としてはいささか手遅れですが読んでみました(でも、55もあるのか、5つくらいに絞ってよ(笑))

でも、作者の個人の思い入れが強い部分も多々見られ、これをみんながやったから幸せかと言うとまた別問題。本当の意味は、モノの見方を少し変えてみたり、自分なりの価値観を見出して生きるという例だと捉えました。いずれにしても坂の上には「まだ坂」が続くと言う事で、徳川家康じゃないけど人生とは「重荷を負うて、遠き道を行くがごとし 急ぐべからず 不自由を、常と思えば不足なし・・・」なんだろうなあ。

|

« バイエルの謎:日本文化になったピアノ教則本(安田寛) | トップページ | アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子(深町秋生) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/55453807

この記事へのトラックバック一覧です: 坂の上の坂(藤原和博):

« バイエルの謎:日本文化になったピアノ教則本(安田寛) | トップページ | アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子(深町秋生) »