« あるキング(伊坂幸太郎) | トップページ | エンディングノート(桂美人) »

陽だまりの偽り(長岡弘樹)

日常の些細な出来事や謎を解く日常ミステリーの短編集ですが、その謎を解くとあたたかい雰囲気になれるハートフルミステリーと言ったらいいのかな、そんな短編集です。、「陽だまりの偽り」「淡い青のなかに」「プレイヤー」「写心」「重い扉が」の5つのうち「プレイヤー」だけちょっとその範疇に入らない作品だけど、表題作「陽だまりの偽り」は物忘れのひどくなってきた老人が、嫁から預かった金を紛失することで、嫁の温かい気持ちがわかりほっとすると同時に、物忘れは他人事でなくなかなか切実な気持ちに(笑)。

|

« あるキング(伊坂幸太郎) | トップページ | エンディングノート(桂美人) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/55771007

この記事へのトラックバック一覧です: 陽だまりの偽り(長岡弘樹):

« あるキング(伊坂幸太郎) | トップページ | エンディングノート(桂美人) »