« 震える牛(相場英雄) | トップページ | 陽だまりの偽り(長岡弘樹) »

あるキング(伊坂幸太郎)

伊坂の作品は初期のものはすべて読んでいたけど、最近は少々飽きてきちゃって、久しぶりに手にした1冊です。メインは天才打者の話です。この打者のすごさを満喫したかったですが、どうもそういうワクワク感を拒否されているような内容でした。先を読ませる推進力はあるもののこの物語のモチーフになっているマクベスのフェアとファウルに関しても特に感じることがなかったです。例によって独特に言い回しなど(かつてはそれが好きだったのですけど)伊坂さんらしさは少しあったけど、全く見たことのない新鮮さを全身でがんじるような面白味には欠けていました。

|

« 震える牛(相場英雄) | トップページ | 陽だまりの偽り(長岡弘樹) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/55770998

この記事へのトラックバック一覧です: あるキング(伊坂幸太郎):

« 震える牛(相場英雄) | トップページ | 陽だまりの偽り(長岡弘樹) »