« ピアニストの脳を科学する(古屋晋一) | トップページ | 震える牛(相場英雄) »

日本語の「大疑問」(池上彰)


日本語って難しけど面白い。初めて知ったこともあるし、言われてみればと思うようなこともあって、若者じゃないけど言葉に無頓着な自分には面白い話題が満載でした。池上さんの本だけど、結構古い本で12年ほど前の出版になっていた。でも、私は最近出た電子図書で読んでみた。 電子図書だと厚みがわからずボリューム感が実感できないのが残念。「こだわり」はないけど、それでも電子図書で「上」「下」シリーズで販売していたり文庫本フェアって、、、なんかそぐわないって本を書いてくれないかな。

|

« ピアニストの脳を科学する(古屋晋一) | トップページ | 震える牛(相場英雄) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/55662409

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語の「大疑問」(池上彰):

« ピアニストの脳を科学する(古屋晋一) | トップページ | 震える牛(相場英雄) »