« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年10月の記事

「たった1人」を確実に振り向かせると、100万人に届く。 (阪本啓一)


今や平成8年ころに比べて選択可能情報は530倍に膨れ上がり、すでに人が処理できる情報量を遥かに超えて、無意識の上にも情報のフィルタリングをしているような状況だと言われます。情報が届きにくくなっているわけですが、そこで重要となってくるのがこの本にあるように「伝染する」と言う事。情報量が多くなったのは誰もが情報発信で出来ると言う事。しかし、情報の受け手が発信者になることで「伝染」も起きると言う事。あなたにとってたいせつなたった1人をどう振り向かせるか、その意識作りって商売でも恋でも重要ですね。お口の恋人じゃないけどお客様は恋人ですから。

続きを読む "「たった1人」を確実に振り向かせると、100万人に届く。 (阪本啓一)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なるほど!「ランチェスター戦略」がイチからわかる本(竹端隆司)


こちらも一応整理のために読んだのでノーコメントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランチェスター戦略式 1枚シートであなたの会社が儲かる!(河辺よしろう)


ビジネス書だし、それほどコメントするほどでもないかったので。。。1枚のシートは参考にしてもいいけど、それだけなら立ち読みでいいかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンディングノート(桂美人)


タイトルと作者が福井県出身と言う事で福山駅の書店で購入。ただ、思ったような作品ではなくて(一冊のノートが引き起こす奇跡とあったので、勝手に物語を想像した)、エンディングノートのタイトルもやや活かせていない感じもします。主人公の神尾良子の性格がちょっと共感を阻害するマイナスにもなるんだけど、それはそれでも、帯にあるように「アラサー・アラフォー女性の共感度No1」ってことかな?父娘の関係がよくある話でもあるけど、そこまで確執が続くものかと逆にあっさりの私には理解できなかったのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »