« 「心の時代」にモノを売る方法(小阪裕司) | トップページ | つまりこういうことだ!ブランドの授業(阪本啓一) »

64(ロクヨン)(横山秀夫)

小説全体にある誘拐事件と警察組織の権力争い(マスコミとの対立もあるけど)それぞれは面白かったのですが、全体的なバランスを思うとここまで分厚い本にしなくてもって思う感じもしました。前半から終盤まで、濃厚な警察組織の争いが描かれているのだけど、その分、急転直下の終盤の展開は少々強引な印象を受けてしまいました。しかし、ずっと集中して読めました、、このあたりはさすがですね、、、でも、このミス1位って評価は私には過大評価に思えたなあ。

|

« 「心の時代」にモノを売る方法(小阪裕司) | トップページ | つまりこういうことだ!ブランドの授業(阪本啓一) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/56458107

この記事へのトラックバック一覧です: 64(ロクヨン)(横山秀夫):

« 「心の時代」にモノを売る方法(小阪裕司) | トップページ | つまりこういうことだ!ブランドの授業(阪本啓一) »