« 銀行仕置人(池井戸潤) | トップページ | 祈りの幕が下りる時(東野圭吾) »

海賊とよばれた男(百田尚樹)

こうして知らないことを読書で学ぶことができると言うことは大変ありがたいことだ。利権争いのあるの中で己の信じるところを貫くと言うのは、そう簡単には出来るものじゃないでしょう。光もあれば影もあるのは当然のことだし、その光が強ければ強いほど影も濃くなるかもしれない。それでも、タイムカードもない会社で献身的に働く社員は、その会社をブラック企業とも思わないで働くと言う、今の企業と違いは、トップの価値観に社員が共感しているからかなと感じた。とにかく80過ぎてもあくなき挑戦をして、いつまでもまだまだって思う姿には、自分もまだまだ道半ばと思わなくっちゃ。

|

« 銀行仕置人(池井戸潤) | トップページ | 祈りの幕が下りる時(東野圭吾) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/58253247

この記事へのトラックバック一覧です: 海賊とよばれた男(百田尚樹):

« 銀行仕置人(池井戸潤) | トップページ | 祈りの幕が下りる時(東野圭吾) »