« 保険会社が知られたくない生保の話(後田亨) | トップページ | 愛する伴侶を失って(津村節子、加賀乙彦) »

三陸海岸大津波(吉村昭)

三陸海岸を襲った明治29年、昭和8年、昭和35年のチリ地震津波について記録したものであるが、子供たちが書いた作文には悲惨さがひしひしと伝わるものがあった。これが書かれた1970年から41年後には、再び津波の災害が発生してしまう。津波は避けられないにしても「死ぬ人はめったにない」と思うと語った長老の言葉に、つくづく歴史から学ぶ難しさと言うものを痛感する。津波があっても海の宝を捨てるわけにはいかないと、その土地で生活を再建する人々を見ると、戻れない原発の存在がこの本にはない新たな脅威と言う事だろうか。

|

« 保険会社が知られたくない生保の話(後田亨) | トップページ | 愛する伴侶を失って(津村節子、加賀乙彦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/58429317

この記事へのトラックバック一覧です: 三陸海岸大津波(吉村昭):

« 保険会社が知られたくない生保の話(後田亨) | トップページ | 愛する伴侶を失って(津村節子、加賀乙彦) »