« 本屋さんのダイアナ(柚木麻子) | トップページ | 長く稼ぐ会社だけがやっている「あたりまえ」の経営(岡本吏郎) »

虚ろな十字架(東野圭吾)

「死刑によって被害者は救われるのか」と言えば否であろう、だからと言って死刑制度がいらないのかどうか、、、この本のテーマであるが、私は、むしろ史也の謎の行動と、それに絡む複数の要因がひとつの因果に結びついていくその過程が一気読みの要因だった。町村作造や史也や万引きの話など、視点が変わるとその見方と言うか感じ方も変わってくる、そのエピソードが死刑制度そのものを考える時の視点の多様さが重要と教えてくれているようだ。さすがに東野圭吾さんの作品。表紙もその意味だったのか、、って読後に納得。

|

« 本屋さんのダイアナ(柚木麻子) | トップページ | 長く稼ぐ会社だけがやっている「あたりまえ」の経営(岡本吏郎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/59804818

この記事へのトラックバック一覧です: 虚ろな十字架(東野圭吾):

« 本屋さんのダイアナ(柚木麻子) | トップページ | 長く稼ぐ会社だけがやっている「あたりまえ」の経営(岡本吏郎) »