« 虚ろな十字架(東野圭吾) | トップページ | ローカル線で行こう!(真保裕一) »

長く稼ぐ会社だけがやっている「あたりまえ」の経営(岡本吏郎)

以前「会社にお金が残らない本当の理由」を読んだので、その流れで読もうと思ったけど、期待した内容とは異なった本でした。「少々不恰好な本になりました」と冒頭に書かれているので、そのあたりがギャップとしてそのまま感じられたのかもしれません。過去の賢人のいつくかの引用がありましたが、小林秀雄の引用がいちばん印象的だった。

「人は様々な可能性を抱いてこの世に生まれてくる。彼は科学者にもなれたろう、軍人にもなれたろう、小説家にもなれたろう。しかし、彼は彼以外のものにはなれなかった。これは驚くべき事実である。」

|

« 虚ろな十字架(東野圭吾) | トップページ | ローカル線で行こう!(真保裕一) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/59896741

この記事へのトラックバック一覧です: 長く稼ぐ会社だけがやっている「あたりまえ」の経営(岡本吏郎):

« 虚ろな十字架(東野圭吾) | トップページ | ローカル線で行こう!(真保裕一) »