« たった、それだけ(宮下奈都) | トップページ | その女アレックス (ピエール ルメートル(著),橘明美) »

最後のトリック (深水黎一郎)

最後のトリックってタイトルで、犯人は読者であるあなた、、、何て言われたら一度は読んでみて、どんな趣向を凝らしているのか気になるところですね。なるほど、考えたという印象はありますが、解説でもあったように読者である私自身が被害者に憎しみを持つことなく殺してしまった(ってことになるのかな)って言うところが大きな一つの課題ですね。私が殺したいと思うほどの気持ちで被害者を思い、その結果、読者である私が殺していたらすごいかもしれません。でも「最期のトリック」でもあったわけですね。よくできましたって感じですが、何がもう一歩足りなかったのだろう(憎しみだけだろうか?)

|

« たった、それだけ(宮下奈都) | トップページ | その女アレックス (ピエール ルメートル(著),橘明美) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/60700945

この記事へのトラックバック一覧です: 最後のトリック (深水黎一郎):

« たった、それだけ(宮下奈都) | トップページ | その女アレックス (ピエール ルメートル(著),橘明美) »