« 超図解「仕組み」仕事術(泉正人) | トップページ | たった、それだけ(宮下奈都) »

辞書になった男 ケンボー先生と山田先生(佐々木健一)

NHKで放映されたノンフィクションの書籍版。残念ながらNHKの番組は見ていませんが、この本はすごく魅力的な本でした。歴史をひもとくというのはミステリーに通じるのではないかと感じましたし、その謎のヒントが実際の辞書の中にあるという視点でわくわくしながら読んでしまいました。「新明解」も持っていますし、「新解さんの謎」もかつて読んでいて、その時には辞書に架空の人格を持たせる茶目っ気ぶりかと思いましたが、まったく違っていました。これは「辞書はかがみである」と言う主張と「辞書は文明批判である」と言う主張の違いのケンボー先生と山田先生の「いきざま」なんだなあ。

|

« 超図解「仕組み」仕事術(泉正人) | トップページ | たった、それだけ(宮下奈都) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/60593134

この記事へのトラックバック一覧です: 辞書になった男 ケンボー先生と山田先生(佐々木健一):

« 超図解「仕組み」仕事術(泉正人) | トップページ | たった、それだけ(宮下奈都) »