« サラバ! (西加奈子) | トップページ | レオナルドの扉(真保裕一) »

怒り(吉田修一)

本屋大賞ノミネート作品読書週間の一環で読みました。リンゼイさん事件をモチーフに3つの身元不明者の物語が同時進行します(同時進行でない結末も想像していましたが)。誰が真犯人なのか、読者の思いはそのまま登場人物の疑いの気持ちになり「信じる」と言うことも難しさがテーマになります。思い入れと言う点では少年の少女を思う気持ちが「容疑者Xの献身」を思い出させるようで、なかなかのものでしたが、タイトルの「怒り」は闇の中、、、そうやって事件は風化していくのだろうか。

 

|

« サラバ! (西加奈子) | トップページ | レオナルドの扉(真保裕一) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/61306665

この記事へのトラックバック一覧です: 怒り(吉田修一):

« サラバ! (西加奈子) | トップページ | レオナルドの扉(真保裕一) »