« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月の記事

慟哭 (貫井徳郎)

構えて読むと損しちゃうから何も考えずに読んでみたい本の1冊です。それにしても「慟哭」って言葉はなかなか使うことがないです。この本の中で「悲しみのあまり声をあげて泣く」ほどの人とは??もしかして、読者かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »