« 福家警部補の追及 (大倉崇裕) | トップページ | いくさの少年期 1941~1945(田中幹夫) »

朝が来る(辻村深月)

本屋大賞ノミネート作品社内読書会の私のノルマ作品で読んだのですが、かなり面白く読めました。幼い息子と両親の幸福な栗原家に、ある日「子どもを返してほしい」という女性からの電話がかかってくる、、というのが謎といえば謎ですが、不妊治療と特別養子縁組の話をテーマに、この物語では、「栗原家」のパートと「ひかり」のパートでは視点が変わればずいぶん印象も変わるものだなって感心しながらも「ひかり」に対して、「どうして相談してくれないんだ」という浜野の気持ちと同じ感情が湧いてきます。でも「どうすればよかったというのだろう」というひかりの思いが正直なところなのだろう。そこがすごく切なくもあるけど、、、ラストは少し唐突すぎて(笑)十分に整理できずに終わってしまった。

|

« 福家警部補の追及 (大倉崇裕) | トップページ | いくさの少年期 1941~1945(田中幹夫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/63254857

この記事へのトラックバック一覧です: 朝が来る(辻村深月):

« 福家警部補の追及 (大倉崇裕) | トップページ | いくさの少年期 1941~1945(田中幹夫) »