« 見えない巨人(別府輝彦) | トップページ | 添乗員ヒミツの参考書―魅惑のスペイン (紅山雪夫) »

海の見える理髪店(荻原浩)


どこかで聞いたような印象のある家族の物語。
当初は「海の見える理髪店」の連作短編集だと思いましたが、それぞれ独立した作品で(「空は今日もスカイ」はテイストが少々違うけど)どれも深い傷が、いつか思い出として捉えられるように変わるアプローチでした。「海の見える理髪店」、「成人式」の2つが印象的だったけど、「理髪店」が力作で展開できそうなネタも豊富だっただけに、そのまま関連短編集にしてもらえたらって感じました。いい作品だけど、直木賞にしてはあくのない無難すぎる作品では?

|

« 見えない巨人(別府輝彦) | トップページ | 添乗員ヒミツの参考書―魅惑のスペイン (紅山雪夫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/64257914

この記事へのトラックバック一覧です: 海の見える理髪店(荻原浩):

« 見えない巨人(別府輝彦) | トップページ | 添乗員ヒミツの参考書―魅惑のスペイン (紅山雪夫) »