« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »

2016年12月の記事

東京會舘とわたし(上)旧館&(下)新館(辻村深月)


東京會舘の長い歴史を連作短編でつないで描くほっこりした感動作です。毎年この時期に「本屋大賞ノミネート予想」で選んだ本を読んでいますが、この作品も有力候補と感じました。10作品の連作短編ですが、さすがに終盤になると泣かされるような話が来るだろうなあって想像しながら読んじゃうのだけど、それはそれ、しっかりそれに浸ってみました。建物や場に人が集い、そこでの経験がいい思い出になる、という演出ができるお手伝いができるというのは、その場を教習した人の貴重な財産だろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペイン世界遺産と歴史の旅 プロの添乗員と行く(武村陽子)

改訂版が出ているようだけど古い版を読んでしまいました(^^;。まあ、歴史の旅だからさほど差はないかなと思うことにしよう。バルセロナからアンダルシア地方を周ってマドリッドへと、「プロの添乗員と行く」と言う副題の通り添乗員について周っているような感じで読みながらもスペインの歴史も分かりやすく書かれていて、意外に(って言ったら失礼)面白かった。旅行ガイドの他にもこれを読んでいくと理解が深まるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »