« スペイン世界遺産と歴史の旅 プロの添乗員と行く(武村陽子) | トップページ | ジェリーフィッシュは凍らない(市川憂人) »

東京會舘とわたし(上)旧館&(下)新館(辻村深月)


東京會舘の長い歴史を連作短編でつないで描くほっこりした感動作です。毎年この時期に「本屋大賞ノミネート予想」で選んだ本を読んでいますが、この作品も有力候補と感じました。10作品の連作短編ですが、さすがに終盤になると泣かされるような話が来るだろうなあって想像しながら読んじゃうのだけど、それはそれ、しっかりそれに浸ってみました。建物や場に人が集い、そこでの経験がいい思い出になる、という演出ができるお手伝いができるというのは、その場を教習した人の貴重な財産だろうなあ。

|

« スペイン世界遺産と歴史の旅 プロの添乗員と行く(武村陽子) | トップページ | ジェリーフィッシュは凍らない(市川憂人) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/64621634

この記事へのトラックバック一覧です: 東京會舘とわたし(上)旧館&(下)新館(辻村深月):

« スペイン世界遺産と歴史の旅 プロの添乗員と行く(武村陽子) | トップページ | ジェリーフィッシュは凍らない(市川憂人) »