« 暗幕のゲルニカ(原田マハ) | トップページ | 蜜蜂と遠雷(恩田陸) »

夜行(森見登美彦)


不思議な世界感とホラー感覚の雰囲気が独特で、謎がそのままになっているところがもどかしような、それでいて、解決しない事こそがホラーぽいって思ったり、なかなか微妙な距離感を持つ作品でした。もともと個人的にはそんなに好きな作家さんじゃないのですけど(むしろ苦手(笑))、好きな人にはたまらなく好きなんだろうなあって想像しながら読みました。でも、回顧録的なシーンでは、どうも年齢が高めに想像しがちで、もやもやのままのもやもや(笑)

|

« 暗幕のゲルニカ(原田マハ) | トップページ | 蜜蜂と遠雷(恩田陸) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/64931025

この記事へのトラックバック一覧です: 夜行(森見登美彦):

« 暗幕のゲルニカ(原田マハ) | トップページ | 蜜蜂と遠雷(恩田陸) »