« 夜行(森見登美彦) | トップページ | チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~ »

蜜蜂と遠雷(恩田陸)


ピアノコンクールを題材にしていると言うだけで個人的には冷静に評価なんかできません。とにかく面白かった(って月並みな言葉しか出てこない)。読み進めていくと後半は冗長的な印象が強いけど、それも必要悪なのかもしれません。50を過ぎてからピアノを習うようになって、持って生まれたものがあるんだと言う事がよくわかったりして(音楽の神様に愛されていないけど(笑)、音楽を楽しむことは出来ます)そんな中ですごい才能の人たちがギリギリのところで勝負するって、もう順位なんか決めないで楽しめばいいじゃないって言いたくなります。それじゃダメなんだろうなあ(^^;「ピアノの森」を知らずにこの本を読んでいたら、もっとすごいと思ったけどなあ。

|

« 夜行(森見登美彦) | トップページ | チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/64971296

この記事へのトラックバック一覧です: 蜜蜂と遠雷(恩田陸):

« 夜行(森見登美彦) | トップページ | チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~ »