« 池上彰の「日本の教育」がよくわかる本 (池上彰) | トップページ | 教育委員会は不要なのか――あるべき改革を考える (中嶋哲彦) »

死別の悲しみに向き合う─グリーフケアとは何か (坂口幸弘)


今の時期にしか読めないかなと思って選んだ本です。こうしたことに関しても研究されているというのは素晴らしいことだなとまずは感心します。この本を読んで「死別」とはきわめて個人的な体験であることと、そのことから悲嘆との付き合いもきわめて個人的なもので、どうあるべきというものではないと言う事です。この個人的な意見を言うのなら悲しみや無念さは忘れるものではなく、距離を置いて並走するものというのが、私なりの捉え方で、そうやって、人生の物語は続いていくものと思えるようになってきました。

|

« 池上彰の「日本の教育」がよくわかる本 (池上彰) | トップページ | 教育委員会は不要なのか――あるべき改革を考える (中嶋哲彦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/65951245

この記事へのトラックバック一覧です: 死別の悲しみに向き合う─グリーフケアとは何か (坂口幸弘):

« 池上彰の「日本の教育」がよくわかる本 (池上彰) | トップページ | 教育委員会は不要なのか――あるべき改革を考える (中嶋哲彦) »