« BUTTER(柚木麻子) | トップページ | 出会いなおし(森絵都) »

ルビンの壺が割れた(宿野 かほる)


本屋さんでは大絶賛のPOPがついていて、アマゾンなどの評価は賛否両論(賛3に否7くらいかな)。さて、どんなものか読んでみない事には分からないと読んでみました。
結婚式の当日に花嫁に失踪された男性が、その相手方の女性をfacebookで見つけてメッセンジャーでやり取りする構成です。その着想は面白いです。長文のメッセージと内容から粘着的な雰囲気が出ていて、実世界だったら私なら生理的な嫌悪感からブロックものです(笑)。それも伏線と言うなら言えない事もないですが。

衝撃のラスト4行なんですが、さすがに突然出てきた引き出しの中身の話には、そりゃ衝撃です(笑)。ミステリーと言う意味で読むと突っ込みたくなるので、なんか変な人がいるなあくらいに思って読んでいた方が罪のない本ですね。しかし、ラストを知ったらますます嫌な奴(笑)

|

« BUTTER(柚木麻子) | トップページ | 出会いなおし(森絵都) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/66251782

この記事へのトラックバック一覧です: ルビンの壺が割れた(宿野 かほる):

« BUTTER(柚木麻子) | トップページ | 出会いなおし(森絵都) »