« 崩れる脳を抱きしめて(知念実希人) | トップページ | 屍人荘の殺人(今村昌弘) »

たゆたえども沈まず(原田マハ)


今年の本屋大賞ノミネート作品はどれも面白い本が揃っている感じです。前作「ゲルニカ」のサスペンス性と言うかミステリー性がなくなりましたが、それがタイトルにぴったしの雰囲気の作品になっています。「たゆたえども沈まず」はパリ市の紋章に書かれている「Fluctuat nec mergitur」ってラテン語らしいのですけど、NECに反応してしまうのも自分でも何だかな(笑)。作品はゴッホ兄弟と忠正・重吉の2人の日本人という実在した人物で、その巡りあわせをフィクション化したものです。ゴッホの作品を見る前に読むことをお勧めしますし、読んでいてもゴッホの作品の絵を見ながら読むと楽しさが一層増しますね。

|

« 崩れる脳を抱きしめて(知念実希人) | トップページ | 屍人荘の殺人(今村昌弘) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/66330713

この記事へのトラックバック一覧です: たゆたえども沈まず(原田マハ):

« 崩れる脳を抱きしめて(知念実希人) | トップページ | 屍人荘の殺人(今村昌弘) »