« おしっこちょっぴりもれたろう(ヨシタケ シンスケ) | トップページ | あるかしら書店(ヨシタケシンスケ) »

下町ロケット ゴースト(池井戸潤)

今までの「ガウディ編」や「陸王編」とくらべて「ゴースト編」は本来の最初の作品の続編的内容です。この本は。10月からテレビで放映される「ゴースト・ヤタガラス」の前半部分に当たるゴースト編。ゴーストと言うのは読んでいくとわかるのですが、今回も読ませてくれます。でも、なんだかなあ、前編だからでしょうか、池井戸さんの黄門様みたいなマンネリ化は大歓迎なんですが、最後の裁判のシーンもすっきり感が以前より小さいような。読者はより刺激的なものをもとめるようになっているのでしょうか?いずれにしても後編を読んでからのことですね。TVドラマは見ますけど(^^

|

« おしっこちょっぴりもれたろう(ヨシタケ シンスケ) | トップページ | あるかしら書店(ヨシタケシンスケ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/67148613

この記事へのトラックバック一覧です: 下町ロケット ゴースト(池井戸潤):

« おしっこちょっぴりもれたろう(ヨシタケ シンスケ) | トップページ | あるかしら書店(ヨシタケシンスケ) »