« 夏空白花(須賀しのぶ) | トップページ | 下町ロケット ヤタガラス(池井戸潤) »

「数字」が読めると年収がアップするって本当ですか? 決算書オンチのための「会社の数字」が肌感覚でわかる本(古屋悟司 (著), 田中靖浩 (監修))

「経営者が社員に読んでほしい本」ナンバー1(勝手に決めました)」って帯に書いてあるので、まずは経営者である私が読んでみて、社員に読んでほしいって思うかどうか、、、で、読ませることにしました(^^。私は結構数字が読める方だと思っているので、ここに書かれていることは「当り前」的に思うのですが、この本の面白さは、その「今」の「当り前」さではなく、「こんな気分になる事もあるよなあ」とか「給料上げたい気持ちを分かってほしい」に共感したり、そんな共感があるところが面白いのでしょう。私もデロリアン号に乗って過去に戻って、ターニングポイントでやり直しするとしたら、自分のどの時代になるかなあ。

|

« 夏空白花(須賀しのぶ) | トップページ | 下町ロケット ヤタガラス(池井戸潤) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/67195032

この記事へのトラックバック一覧です: 「数字」が読めると年収がアップするって本当ですか? 決算書オンチのための「会社の数字」が肌感覚でわかる本(古屋悟司 (著), 田中靖浩 (監修)):

« 夏空白花(須賀しのぶ) | トップページ | 下町ロケット ヤタガラス(池井戸潤) »