« 信長の原理(垣根涼介) | トップページ | ひと(小野寺史宜) »

きれいごと抜きのインクルーシブ教育(多賀一郎, 南惠介)

特別支援学級や通級指導の学級を見学する機会があり、意見交換する場があったので、その前に勉強のためにインクルーシブ教育について知っておきたかったので読んだ本。教育の場における合理的配慮と言う観点から障碍を持つお子さんも均等に教育を受けるって観点では、介助員の確保や段差のない学校、てすり、またはエレベータの増設など財政的なハード面の強化も重要です。その一方で目に見えない「障碍」の心の叫びをすくい取ることも必要です。その多様な価値観を認めてインクルーシブにすると言うのは現場の先生方の考え方や努力無しにはできないものだなと感じました。

|

« 信長の原理(垣根涼介) | トップページ | ひと(小野寺史宜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きれいごと抜きのインクルーシブ教育(多賀一郎, 南惠介):

« 信長の原理(垣根涼介) | トップページ | ひと(小野寺史宜) »