« それまでの明日(原りょう) | トップページ | 信長の原理(垣根涼介) »

カレル・アンチェル 悲運に生きたマエストロ(高橋綾)

facebookである方(あとがきに登場されていてびっくり)が紹介していたので早速買って読みました。アンチェルの伝記ってそうそうないものですから本の価格もボリュームの割には強気の設定になっています。そういえば指揮者についてはあまり生い立ちを知る機会はないものですね。このアンチェルもアウシュヴィッツで家族を失うという経験もしているのですね。自らも テレジーン収容所(って初めて知りました。ナチスがユダヤ人を虐待しているのではないかと言う国際世論に対応するために、文化活動を推奨していた。)において、アンチェルには常に音楽があるのですね。クーベリックやノイマンなどよく聞いた指揮者も出てきて楽しめました。

|

« それまでの明日(原りょう) | トップページ | 信長の原理(垣根涼介) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/67564315

この記事へのトラックバック一覧です: カレル・アンチェル 悲運に生きたマエストロ(高橋綾):

« それまでの明日(原りょう) | トップページ | 信長の原理(垣根涼介) »