« きれいごと抜きのインクルーシブ教育(多賀一郎, 南惠介) | トップページ | 愛なき世界 (三浦しをん) »

ひと(小野寺史宜)

「確信犯」とは、悪いことと確信して犯罪を行うものと私は思っていたのだけど、信念に基づいて「正しい事と確信」して犯罪を行うと初めて知りました(^^;。勉強になったなあ(私がこれまで無知だっただけか(笑))。予想外と言えば、当初思っていた内容とはかなり違う物語でした。ほんと、良い本だと思うし温かい感じがして心地いいです。主人公も個人的にはかなり好きですし、その価値観にも共感を覚えます。でも、それがなんとなく物足りなく感じてしまう。決して刺激が欲しいわけでもないのだけど、なんなんだろう、この感覚。

|

« きれいごと抜きのインクルーシブ教育(多賀一郎, 南惠介) | トップページ | 愛なき世界 (三浦しをん) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひと(小野寺史宜):

« きれいごと抜きのインクルーシブ教育(多賀一郎, 南惠介) | トップページ | 愛なき世界 (三浦しをん) »