« 女性の視点で見直す人材育成――だれもが働きやすい「最高の職場」をつくる(中原淳(著),トーマツ イノベーション(著)) | トップページ | 人が集まる会社 人が逃げ出す会社 (下田直人) »

ベルリンは晴れているか (深緑野分)

1945年、敗戦のベルリンの悲惨な町の様子や、戦時中のユダヤ人虐待の描写など、映像のように浮かぶ描写は読ませるものがあります。しかし、これだけの苦労と長い物語(本の中の時間の流れはそれほど長くない)を人探しで費やすには動機的に共感できずに、何度も「もう止めたら」って声がけしたくなる気持ちになります。人探しでは少々ドタバタして、時間を感じさせない内面の描き方が足りないのでは?って思ったらあのラストですからね。やや反則気味(笑)

|

« 女性の視点で見直す人材育成――だれもが働きやすい「最高の職場」をつくる(中原淳(著),トーマツ イノベーション(著)) | トップページ | 人が集まる会社 人が逃げ出す会社 (下田直人) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベルリンは晴れているか (深緑野分):

« 女性の視点で見直す人材育成――だれもが働きやすい「最高の職場」をつくる(中原淳(著),トーマツ イノベーション(著)) | トップページ | 人が集まる会社 人が逃げ出す会社 (下田直人) »