« 人が集まる会社 人が逃げ出す会社 (下田直人) | トップページ | 魔眼の匣の殺人(今村昌弘) »

火のないところに煙は(芦沢央)

恐い話と言う事を聞いてから読んだから期待先行しすぎでした。「世にも奇妙な物語」みたいと思いながら1話2話と読み進みましたが、なんか逆にラストで怖さが半減(笑)。最初の話「染み」の表紙裏の「染み」や、アパート浴槽の髪の毛のぐしゃりとした触感など、いい線までいっていたのになあって感じです。


|

« 人が集まる会社 人が逃げ出す会社 (下田直人) | トップページ | 魔眼の匣の殺人(今村昌弘) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火のないところに煙は(芦沢央):

« 人が集まる会社 人が逃げ出す会社 (下田直人) | トップページ | 魔眼の匣の殺人(今村昌弘) »