« ベルリンは晴れているか (深緑野分) | トップページ | 火のないところに煙は(芦沢央) »

人が集まる会社 人が逃げ出す会社 (下田直人)

「人が集まる会社」「人が逃げ出す会社」をこの本では「温める会社」「冷やす会社」と言い分けて、「冷ます会社」の特徴で注目すべきは、「本来の目的を見失い、手段が目的となってしまっている」こと。これは常に意識していないと誰もが陥りそうと思っています。一方で「温める会社」の特徴で注目すべきは「フェイストゥフェイスを重視する」「多様性の受け入れに柔軟である」「個人を大切にしている」が印象に残りました。働き方改革やコンプライアンスをまじめにやればやるほど、社員がつらい思いをして、「人が逃げ出す会社」になるのはなぜか?って事の説明が私個人が日頃から思っていたことを言ってくれて本当にスッキリ(笑)


温める会社の経営者に共通することは
 ・経営者はメンターやコーチをつけている
 ・読書家である
 ・心を磨く勉強会に参加している
 ・自らの高まりを周囲にシェアしている
 ・良心を発揮した自分が一番心地よいことを知っている
だそうです。いくつか当てはまることがあるでしょうか?

|

« ベルリンは晴れているか (深緑野分) | トップページ | 火のないところに煙は(芦沢央) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人が集まる会社 人が逃げ出す会社 (下田直人):

« ベルリンは晴れているか (深緑野分) | トップページ | 火のないところに煙は(芦沢央) »