« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月の記事

答えのない道徳の問題「どう解く?」 (山﨑 博司 (著), 木村 洋 (著), 二澤平 治仁 (著), 小学生のみんな (その他))

1+1=2と言うようにひとつしか正解のない問題ではなく、考えることが重要な素朴な疑問。日頃意識しないで「豚や鳥や牛の肉を食べているけど、なぜ象の肉は食べないのか」って言われるまで考えていなかったです。
 
後半はその素朴な疑問に著名人が「答えて」います。その「答え」も、ひとつの考え方であり意見なんだろう。
 
それでも、
「『将来何になりたいの』ってどうして大人には聞かないのだろう?」って質問に答える卓球の水谷選手や
「どうしてお母さんは、ボクの嫌いな勉強をおしつけてくるんだろう?」って質問に、最後に「残ったものがあなたの勉強したものです」と言い切る棋士の羽生さんなど
秀逸な意見も多く大人もぜひ読んで欲しい一冊です。

| | コメント (0)

魔眼の匣の殺人(今村昌弘)

「屍人荘」の続編です。面白く読めました。今回の設定は予言と現実の殺人。まあ、怖いと言えば怖い気もするけど、前回の設定が衝撃的だっただけに。。。。心理戦からのトリックもよく練られていると感心したのですが、理屈っぽくなりがちです。読んでいくと「なるほどなあ」とか「そうか」とか思わざるを得ないのだけど、読まされている感じがぬぐえないです。



それでも、こういうシチュエーションへの挑戦のミステリーって結構好きだったりします。非現実的とか、そんな偶然ありえないとか、そんなこと思わず(前作もそうだった)に楽しみたい1冊です。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »