« 火のないところに煙は(芦沢央) | トップページ | 答えのない道徳の問題「どう解く?」 (山﨑 博司 (著), 木村 洋 (著), 二澤平 治仁 (著), 小学生のみんな (その他)) »

魔眼の匣の殺人(今村昌弘)

「屍人荘」の続編です。面白く読めました。今回の設定は予言と現実の殺人。まあ、怖いと言えば怖い気もするけど、前回の設定が衝撃的だっただけに。。。。心理戦からのトリックもよく練られていると感心したのですが、理屈っぽくなりがちです。読んでいくと「なるほどなあ」とか「そうか」とか思わざるを得ないのだけど、読まされている感じがぬぐえないです。



それでも、こういうシチュエーションへの挑戦のミステリーって結構好きだったりします。非現実的とか、そんな偶然ありえないとか、そんなこと思わず(前作もそうだった)に楽しみたい1冊です。

|

« 火のないところに煙は(芦沢央) | トップページ | 答えのない道徳の問題「どう解く?」 (山﨑 博司 (著), 木村 洋 (著), 二澤平 治仁 (著), 小学生のみんな (その他)) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火のないところに煙は(芦沢央) | トップページ | 答えのない道徳の問題「どう解く?」 (山﨑 博司 (著), 木村 洋 (著), 二澤平 治仁 (著), 小学生のみんな (その他)) »