« 答えのない道徳の問題「どう解く?」 (山﨑 博司 (著), 木村 洋 (著), 二澤平 治仁 (著), 小学生のみんな (その他)) | トップページ | 福家警部補の考察 (大倉崇裕) »

傑作はまだ(瀬尾まいこ)

瀬尾まいこさんの描く変わった家族の「普通じゃない!の『普通』って何?」って言いそうな生き方や飄々とした価値観を持った登場人物が結構好きだったりします。引きこもりがちの作家・加賀野の家に、生まれてから一度もあったことにない息子が転がり込んでくるという設定です。血の繋がりしかない2人が奇妙な生活をしていくうちに、加賀野も影響を受けて町内付き合いをするようになっていきます。
それにしても、この「おっさん」(加賀野)、本当に作家としてやって行けるのかな(笑)。読者の私が心配になります。ラストは瀬尾さんの作品らしい結末です。
宮下奈都さんに続いて瀬尾まいこさんも本屋大賞になりました。2人とも、本屋大賞受賞前から好きな作家さんで、ひそかに応援していたので嬉しい限りです。

|

« 答えのない道徳の問題「どう解く?」 (山﨑 博司 (著), 木村 洋 (著), 二澤平 治仁 (著), 小学生のみんな (その他)) | トップページ | 福家警部補の考察 (大倉崇裕) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 答えのない道徳の問題「どう解く?」 (山﨑 博司 (著), 木村 洋 (著), 二澤平 治仁 (著), 小学生のみんな (その他)) | トップページ | 福家警部補の考察 (大倉崇裕) »