« 夢見る帝国図書館(中島京子) | トップページ | オランダ公共図書館の挑戦(吉田右子) »

名画の読み方(木村泰司)

名画をより深く観たり鑑賞するために、その名画を「読む」必要があると言う。時代背景や書かれているものの意味など、知ると数倍楽しくなりそうです。特に近代絵画以前の絵画鑑賞の見方がガラリと変ります。お勧めの1冊です。あとがきで「後期印象派以降の近代美術と現代美術に関しては、その基礎である古典芸術を把握したうえで、別のアプローチ」が必要と書かれていて、そちらもぜひ読んでみたいものです。

|

« 夢見る帝国図書館(中島京子) | トップページ | オランダ公共図書館の挑戦(吉田右子) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢見る帝国図書館(中島京子) | トップページ | オランダ公共図書館の挑戦(吉田右子) »