« 文化を育むノルウェーの図書館(マグヌスセン矢部 直美(著), 和気尚美(著), 吉田右子(著)) | トップページ | 名画の読み方(木村泰司) »

夢見る帝国図書館(中島京子)

最近の図書館シリーズ、北欧シリーズから一歩外れて今度は帝国図書館物語。「図書館の歴史は常に資金源に泣かされた歴史」って言う語りがあるけど、なるほど明治の時代からずっとそうだったんだなあ。今度、「国際子ども図書館」に行って館内ツアーに参加したいと思います。
作品自体は、不思議な感覚の内容。なんか物語自体が夢か幻だったような印象を持ちます。読む前は帝国図書館を作った人たちの物語と思ったけど、最初のあたりはそんな雰囲気もあったのですが、後半になると文豪が通っていた図書館の立ち位置から、動物やら本自体が話をするようになり少々戸惑います。

|

« 文化を育むノルウェーの図書館(マグヌスセン矢部 直美(著), 和気尚美(著), 吉田右子(著)) | トップページ | 名画の読み方(木村泰司) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文化を育むノルウェーの図書館(マグヌスセン矢部 直美(著), 和気尚美(著), 吉田右子(著)) | トップページ | 名画の読み方(木村泰司) »