« ニュータイプの時代(山口周) | トップページ | 祝祭と予感 (恩田陸) »

明日 一九四五年八月八日・長崎(井上光晴)

1945年8月8日の長崎の生活を描いた作品。タイトルの明日と言うのは、翌日原爆が落ちる日。決して明るい日ではなく黒い日なんだろうけど、それを知っている今読むから意味があるのだろう。しかし、登場人物たちは明日のことは何も知らない。私たちの日常も明日はどうなるか分からない。大量破壊兵器でなくても交通事故にしたって、あっという間に幸せを奪っていくのだから。しかし、作品そのものとしては、どうだろう。期待していたものとは違っていました。

|

« ニュータイプの時代(山口周) | トップページ | 祝祭と予感 (恩田陸) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュータイプの時代(山口周) | トップページ | 祝祭と予感 (恩田陸) »