« 明日 一九四五年八月八日・長崎(井上光晴) | トップページ | 流浪の月(凪良ゆう) »

祝祭と予感 (恩田陸)

「蜜蜂と遠雷」のスピンオフ短編集。「蜜蜂と遠雷」の原作を読んで映画を見たから読んだ作品。「鈴蘭と階段」が一番いい話でした。しかし、浜崎奏は映画には出ていない(^^;。ホフマンと風間塵の出会いを描く「伝説と予感」もいい(短編で描くとありそうなシーンになってしまっているのが残念ですが)。薄くて文字が大きいので一気読みでした。

|

« 明日 一九四五年八月八日・長崎(井上光晴) | トップページ | 流浪の月(凪良ゆう) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日 一九四五年八月八日・長崎(井上光晴) | トップページ | 流浪の月(凪良ゆう) »