« 犬も歩けば英語にあたる(坂之上洋子) | トップページ | 晩節の研究 偉人・賢人の「その後」 (河合敦) »

medium 霊媒探偵城塚翡翠(相沢沙呼)

霊媒師が探偵だなんて、ちょっと苦手だなって思い、普通なら読まないのだけど、読んだ人としか話が出来ない「謎」に興味があって手にして作品。
「令和元年最驚の謎」って帯にありますから、最初から構えて読んでしまいました。そのために、早くから犯人はこいつだって思いこみで読んでしまいます。帯なんていらない作品だったのに(笑)。それでも「怖い」くて「痛快」なラストを堪能できました。ほんと、「怖いけど痛快」って言葉につきます。怖いと思うのは男性だけかな?

|

« 犬も歩けば英語にあたる(坂之上洋子) | トップページ | 晩節の研究 偉人・賢人の「その後」 (河合敦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 犬も歩けば英語にあたる(坂之上洋子) | トップページ | 晩節の研究 偉人・賢人の「その後」 (河合敦) »