« 晩節の研究 偉人・賢人の「その後」 (河合敦) | トップページ | ノースライト(横山秀夫) »

ムゲンのi(知念実希人)

「患者たちがなんでイレスという奇病になったのか」というミステリーを期待していましたが、ミステリー色は薄くて、ファンタジー作品でした。上巻は設定に馴染めずなかなか読み進めなかったのですが、上巻終わりから下巻にかけては一気読みするほど物語に引き込まれました。ククルとマブイグミを施していく世界が少々苦手で、読みながら戸惑うのだけど、なんでもあれって割り切ってからサクサク読めるようになったのかも。

|

« 晩節の研究 偉人・賢人の「その後」 (河合敦) | トップページ | ノースライト(横山秀夫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晩節の研究 偉人・賢人の「その後」 (河合敦) | トップページ | ノースライト(横山秀夫) »