« ムゲンのi(知念実希人) | トップページ | 人類が生まれるための12の偶然(眞淳平(著), 松井孝典(監修)) »

ノースライト(横山秀夫)

「ノースライト」とは「北向きの採光」という意味です。普通、南側に窓を多く作り北側は壁が必要な部分を持って行くところを意識的に北向きの採光を取り入れると言う事で、それはどんな感じなんでしょう。陽だまりとは違う凛とした静けさと共にある光なんでしょう。その光は何だったのか、この作品が教えるところかなと思います。
最近読んだミステリーが少し亜流だったので、謎に正面から向かい合って解決する作品を渇望していました。でも、この作品でも死体があるわけではなく、「新しい家を作ったのにそこに住まずに一家蒸発したのは何故か」「その新しい家にタウトの椅子があったのは何故か」と言った謎が中心です。最後は、家族の愛情や再生につながる話になっていて、なんとなく穏やかなノースライトという言葉が似合いそうな作品でした。

|

« ムゲンのi(知念実希人) | トップページ | 人類が生まれるための12の偶然(眞淳平(著), 松井孝典(監修)) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムゲンのi(知念実希人) | トップページ | 人類が生まれるための12の偶然(眞淳平(著), 松井孝典(監修)) »