« 熱源(川越宗一) | トップページ | 糸 (林 民夫) »

線は、僕を描く (砥上裕將)

水墨画の世界にスポットを当てて、「線は僕を描く」という秀逸なタイトル(読み終えないと思えないけど)その点は素晴らしいと感じました。ただ、登場人物はなんとなく漫画チックでありそうな設定で思い入れが出来ないのは、もしかしたら、作者との年齢差が問題で、私が時代から遅れてきているからだろうって思ってしまいます。同時にこの作品のコミックも発売されていて、そちらの方が素直に受け入れてしまいました。しかし、なんにしても若人よ、極めなさい、この主人公のように水墨画は無理でも、仕事に対して感受性豊かに、本質が見える目を持ってほしいものです。

|

« 熱源(川越宗一) | トップページ | 糸 (林 民夫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熱源(川越宗一) | トップページ | 糸 (林 民夫) »