外出時間

日本墨書会・日展八人会

20111201_2日本墨書会・日展八人会の展示会のご案内を、同級生の春日井貞崖さんからいただいたので行ってきました。
習字は習った記憶はあるけど、私の字はどう見ても貧弱な字しか書けませんが、ここに展示されている作品はどれも素晴らしいものばかり(しかし、書かれている文字が読めませんが)。こうした展示会では、どれか持って帰る作品を選ぶ気持ちで見ることにしていますが、今回は「優游自寧」にしました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エビータ

Evita劇団四季の自由劇場で観てきました。
昔、1980年の初めころに就職して、一緒に仕事をしていた先輩に誘われて、日生劇場に見に行ったミュージカルがこのエビータ。たしか、久野綾希子さんで、カネボウの化粧品のブランドにもなっていたので、会場は女性がいっぱいだったのを覚えています(そんな中、男二人で・・・)。

今回は、主演のエビータは野村玲子さんです。以前のエビータでは「赤」のイメージが強かったけど、今回は、貫禄のイメージですね(^^;。ちょっと若い蓮っ葉な態度の部分は、小悪魔的な魅力に乏しかったけど。

続きを読む "エビータ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井県観光物産展(新宿京王百貨店)2010年

今年も、東京・京王百貨店新宿店にて福井県観光物産展が開催されています。「米五のみそ」も出店していますので、お近くにお出かけの際には是非お立ち寄りくださいね。私もちょっとだけ(1/23(土)と1/24(日)の15時まで)東京までお手伝いに行きます。

京王百貨店新宿店7F大催事場
2010/1月21日(木)~26日(火)
10:00~20:00(最終日は17:00まで)

米五の他にも、福井から選りすぐりのお店が出店しますので、ご来店をお待ちしております。

ちなみに、福井では1月24日(日)10:00~16:00まで、福井駅のアオッサ側(東口側)の広場で「来てみねま市」を開催。こちらも、米五のみそが出店します。福井の方にはこちらにも来てくださいね。

久しぶりにブログで商売の紹介した感じ(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェコフィルハーモニー管弦楽団(東京文化会館)

200911251848000チェコです!楽しみにしていました。指揮者は、ブロムシュテットという組み合わせです。チェコフィルにも客演が多いのかな。

音楽的素養のない私ですから、曲がどうのこうのとは言えませんが、とにかく生で聴けるのはうれしいです。しかも、あこがれの国チェコから来た楽団の人たちが演奏するのですから。みんな毎晩ビールを飲んでいるのかなって想像したりして。

チェコフィルの演奏は2年前の福井の講演(何とバックシートで3600円の格安だった)以来ですが、今回は出張に合わせチケットを買ったために東京文化会館の3階席にも関わらずに12000円。全く私には出張の宿泊料より高い買い物です(笑)

でも、すばらしい演奏で、弦がきれいだったなあ。「新世界より」もブロムシュテットとの組み合わせだとなぜか新鮮(^^)。それに待望の8番なんか、本当に生で聞いてよかったと思える演奏でした。ブロムシュテットさんって82歳とは・・・本当にすごい。

続きを読む "チェコフィルハーモニー管弦楽団(東京文化会館)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Live,Love,Drive~死神の精度

Sinigami紀伊國屋サザンシアターまで行って見てきました。ご存知、伊坂幸太郎さんのこの原作は、映画化もされていますし、舞台化もされています。タイミングがあったので、今回は、この舞台を見てきました。原作から「恋愛で死神」と「旅路を死神」と「死神対老女」の3つの話の舞台化しています。個人的には大変楽しめました。原作を忘れているからね、かなり新鮮(笑)

死神を演じていた羽場さんは、それらしい雰囲気でなるほどと思いました。この作品ではどうしても死神をどのように表現するかというのが演出者や役者さんの腕の見せどころじゃないのかな。羽場さん演じる死神は黒のセーターに黒のジャケットという、ある意味死神としては平凡な服装(笑)。しかもセリフも笑いは取るものの、概ね淡々として傍観者的立場をうまく表していました。

続きを読む "Live,Love,Drive~死神の精度"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

容疑者Xの献身(キャラメルボックス)

200905112300000キャラメルボックスの舞台は面白い題材が多いです。面白いと言うか、原作となる作品が私の好きな作品が多いと言ったらいいでしょうか。そのために東京出張の折には、上演のタイミングがあれば池袋まで足を運ぶことがあります。今回は言わずと知れた東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」。これが上演されると言うことで、絶対に見たいと思ったら、ちょうど出張前日に夜の公演があったので、早速見てきました。この作品をどう舞台化するか楽しみでした。

舞台では映画と違いいくつものカットを使うことはできないので、舞台全体がそのままお客さまに提供されてしまいます。また、今回は原作をかなり意識してか、セリフ以外に原作からト書きと言ったらいいのか、心理描写や過去の状況などを説明する部分を読み上げるところがあります。これがいいかどうかは分からないけど、個人的には違和感もなく、しかも原作を知らない人にもわかりやすくなった感じもしました。

続きを読む "容疑者Xの献身(キャラメルボックス)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井県観光物産展(新宿京王百貨店)2009年

東京・京王百貨店新宿店にて福井県観光物産展が開催されています。米五のみそも出店していますので、明日26日17時から私も手伝いで味噌を販売います。お近くにお出かけの際には是非お立ち寄りください。
京王百貨店新宿店7F大催事場
2009/1月22日(木)~27日(火)
10:00~20:00(最終日は17:00まで)

ちなみに、設営と初日はいましたが、いったん福井に戻り、26日(月)17:00~27日(火)17:00まで再び対応します。最終日の17時以降は片づけです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

プレマシーの乗って1か月

不満というより、せっかくならもうちょっとというところは、以下の点です。

ウォークスルー(セレナでもほとんど利用しないので、今のままでもいいのですが)
・ハンドブレーキ邪魔なのでフットブレーキにすべき
・助手席脇のカップホルダーも邪魔(ちょっとした荷物が置けない)
・からくりシートの背もたれの扱い(たぶん、3列目の人は目ざわり)

収納
・運転席サイドポケットが浅い(A4の資料が倒れてくる)
・センターコンソールに収納があるといい
・2列目運転席後ろの椅子中収納は、カップホルダー(これ不要)を出さないといけない

2列目3列目
2列目はスライドするのでゆったりすることもできるけど、3列は2列目が下がっているとほとんど座れない感じですから、3列を使うときには2列目にも少々犠牲が。これも3列目の座席が低いことが要因かも。でも、それは織り込み済みですね。個人的には2列目の背もたれがもっと大きいといいけど、これも荷物を積む時の椅子の収納の関係でこうなるのでしょう。ここで居住性を求めるのは車の方向性が違いますが。

オートミラーシステムはいらないと思ったけどあるとかなり便利。セレナの運転感覚から言うとなくてもよかったのですが、プレマシーのバックのときにはあると駐車しやすい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車選び(4)というこで私のブーブーは・・

最近、忙しかったので「イノセントゲリラの祝祭」がなかなか読み進めません。この本、ミステリーじゃなさそう。

さて、車選びの話題も最終回。
・・ってタイトルでトヨタかマツダかわかっちゃいますね(^^;

これ以上の金額詳細は言いませんが、結局、最後は、営業マンの勢いでマツダのプレマシーに決めちゃいました。トヨタの方も2度も訪問いただいて頑張っていただいたのですが、、、、

マツダの大胆な!?見積もりをもとに、またトヨタと交渉してもよかったのですが、あまり値引き合戦というのも、個人的には好きじゃないですし・・・(^^;。なにより、アイシスでもプレマシーでもどちらでもいいのなら値引き比較をしましたが、気持ち的にプレマシーに傾いていたので。

でも、未練はあったけどなあ、トヨタ車。まあ、でも、ヴィッツがあるからいいか。何年か後にはハイブリッドでも電気自動車でも(^^;

これまでの車は、最初にフェスティバ、その後はセレナが2代続いて、今度はマツダに。トヨタとホンダはまたの機会ということになりました(^^;

続きを読む "車選び(4)というこで私のブーブーは・・"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

車選び(3)アイシスとプレマシーとラフェスタ

車の話の続きです。車って買うまでが楽しいかも(^^;

運転には無頓着なので、それほどこだわりがありませんが、プレマシーは5ATなので乗った感じを確かめました。今までのセレナがCVTだったので、違いがあるのかと思いましたが、違和感はありませんでした。内装はアイシスがいいかも。でも、運転席と2列目は、両者ともすわり心地にそんなに大きな差はない感じです。

3列目を椅子したり荷物置き場にしたりする場合の、シートの収納出し入れですが、こちらはプレマシーが簡単で便利。3列目使用状態だとアイシスの方が荷台の空間は大きな感じです。

プレマシーにはウォークスルーがありますが、どうにか無理して3列目に行けるという程度で、小さな子供対象のものですね。乗り降りも含めて小さなお子さんやベビーカーが必要なら、開放部の大きいアイシスを選択するかもしれませんが、それも今のところうちでは必要がないので、乗り降りはどちらでもいいかもしれません。

一方、ラフェスタは見に行った時に展示車も試乗車もなくて、型の古い中古のみでした。ちょっと残念。そもそも、そんなに売れていないのかも(^^;

代わりに、今乗っているセレナの後継車である三代目セレナを見ました。このセレナの2列目の真ん中部分が、運転席と助手席の間に移動する仕組みには感心しました。でも、3列目は左右に跳ね上げ式です。中はさすがにゆったりですが、まあ、今回はもう1度セレナ(三代続けて)という選択はないかな。

続きを読む "車選び(3)アイシスとプレマシーとラフェスタ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)